医療について

子どもの医療費を補助してくれる自治体が増えた

子どもの医療費は、自治体が負担してくれるケースが多いです。
どの自治体に住んでいるのかによっても違いますが、小学生の医療費が無料に近いのは当然のこととして、中学生や高校生の医療費も負担するという自治体が増えているのです。
中には大学生にまで医療費補助を出す自治体まで登場してきています。
こうした状況の背景には、過疎化の問題があるはずです。
どの自治体も過疎化は避けたいところですから、医療費補助の競争をして人口増加を実現しようとしているのです。
確かに、子どもの医療費が補助してもらえるなら、その土地に引っ越そうとも思えますし、子どもをよりたくさん産もうとも思えます。
他府県から人口の流入が期待できますね。
この競争は、決して悪いことではないでしょう。
少子化改善にも繋がることですから、むしろ推奨すべき行為だと言えます。
住民の側も、積極的にサービスのいい自治体に引っ越しをするのがベストです。
そうすれば、さらに競争は活発になって、より便利な社会が実現するはずです。

Copyright© 医療 All Rights Reserved.

子どもの医療費を補助してくれる自治体が増えた